ちょっと耳寄りなお話

今回、トラベラーズチェックを持参したんですけど、T/C発行の際銀行などでは
購入金額の1%の手数料を取ります。

しかし、シティバンクに口座があれば、手数料は無料!

ない場合は、さわやか信用金庫では、US$に限り発行手数料を無料に!


シティバンクの口座はクローズしてしまったので、今回私はさわやか信用金庫で
T/C発行をお願いしました。お陰様で、手数料はかかりませんでした。

たかが1%、されど1%です!
[PR]
# by mirimiritravel | 2006-11-03 00:42 | NYC

出発!

長い前置きでしたが、10月12日(木)出発日となりました!

しかし・・・

ニューヨークで、飛行機事故があったみたいよ

と出発日朝、母に起こされました。

一瞬、何がなんだか分からなくて、TVのニュースに釘付けになりました。
そうです、ヤンキースの有名選手の操縦するセスナの事故。
(ニュースをみた時は、そこまで詳しく分からなかったのですが、後日ヤンキースの有名投手だったということが分かりました。)
なんだか、出発日に自分が行く場所のニュースをみるというのも、複雑な気持ちだなと
思いながら、身支度を整え成田空港へ向かうのでした。

いつもの通り、地元からはリムジンバスが出ているので、今回もそれを利用。
しかし、何を思ったか、乗る場所が移動していると思い込み、ガラガラとスーツケースを
転がしながら、バスターミナルを移動していた私。
いつもの場所なのに、バス停に張り紙がしてあったので、よく読みもせずに勝手に思い込んで
あちらこちらと動いていたんです。
お陰で、汗をかいてしまいました。

というのも、先述のニュースをみていた時に、レポーターの方がスーツにトレンチコートという
いでたちに加えて、吐く息がまっ白だったんです。
いかにも、寒そうという雰囲気が読み取れたので、

パンツスーツにトレンチコート

という堅苦しい格好で出発をしたのでした。
スーツは、NYでエンターテイメントをみる際の正装用に持参しようと思ったのですが
今回のスーツケースがソフトタイプのハンガー内臓ではないもので
収納するとシワになりそうだったので、着てしまっただけなんですけど。

27度位の気温で、この格好はまさにアホ以外のなにものでもありません。
駅では、私の格好はかなり浮いていたハズ。


命の源のミネラルウォーターを購入し(私は、常に水を持っていないとダメなので)、バスに乗り込みました。約2時間強なので、眠ってしまえばアッという間に成田空港だな~なんて
思っていたら(バスと電車は、何故かよく眠れる)、車内環境が合わず眠れず。

都内を抜け、千葉に入り、やっと成田空港へ到着です!

私の乗るCO(コンチネンタル航空)8便は、16:20出発。
しかし、HISの航空券引取りカウンターへの集合時間は13:20。

早い、早すぎる!!

でも、今は出国の際の検査も時間がかかるし、ひとりなので余裕を持った行動をしたいと
思っていたので、13:00にはカウンターへ行き航空券の引取りを済ませてしまいました。
その後、すぐにコンチネンタルのカウンターへ行き、しばし並んでスーツケースを預け
やっと身軽に!

今回は、チェックインの際にお席のリクエストができたので
ラッキーにも、通路側を選ぶことができました。
コンチネンタル航空のグランドホステスの方って、日本人は親切なんです。
以前行ったボストンでは、空港でスーツケースを預ける際に現地のグランドホステスの方に
横柄にされてしまったので、余計にそう感じたのかも知れませんが、やはり笑顔で接して
もらえるといい気分で旅を始めることができますよね。

チェックイン後は、いつもだと免税店へ行くのですが、ご存知の通り北米への入国は
液体の持ち込みが制限されていたので素通り。
液体物以外に欲しいものがなかったので、お金を使わずに済みました。

免税店にいけなかったのですが、そのお陰で成田空港で仮眠室とシャワー室があることを発見。一瞬、行こうかと思ったのですが、仮眠なんてして飛行機で余計に眠れなくなったらと
思うと止めました。

やっと、搭乗となった時です。
飛行機の搭乗口へ行く手前で呼び止められて、金属探知機(ですよね?)で
チェックをうけてしまったんです。
今までにない経験だったので、後味の悪い経験になってしまいました。
何故、私がうけたんだろう。今でも謎です。

さ、気を取り直して続きを…

飛行機に乗るとすぐに、樹液シートを貼った脚に圧力ソックスを履かせてむくみ防止。
マスクは、喉の乾燥を防ぐために使用。
眠れないけど、エアーピローも用意。

今回、ストールと手袋も持参したんですけど、冷え性の人にはお薦めです。
飛行機の中では、空調がききすぎている場合が多いのですが、ブランケットを複数
借りれなかったら(私は経験あり)、寒い思いを搭乗中ずっとしていないといけない!
でも、ストールがあれば全然違います。寒さをしのげます。
首を温かくしていると、風邪も引きにくいですしね。
手袋は、寝る前にハンドクリームをつけて、そのまま手袋をして眠ればいいです。
温かいし、手は乾燥しないしで、これもお薦めですね。

最後は、睡眠導入薬を飲んで、寝る準備は万端・・・!

しかし、現実はそう甘くなかった。


またしても、眠れず

辛い。実に、辛い。
いつものこととはいえ、本当に辛い。
薬も効かないなんて!
ウトウトはするんですけど、意識がちゃんとあって寝ていないんです。

またしても、お世話になってしまったパーソナルモニター
これ、眠れない私の強い見方です。
エコノミーの映画の本数は少ないのですが、私が今回見たのは
ポセイドン

パニック映画なんですけど、なんせ小さいモニターでみているんで
パニックになりようがない。この手の映画が苦手なので、私的には有難かったんですけど。
映画館で観たら、大変なことになっていたでしょうけどね。

他には、ネバーエンディンズストーリーなんて懐かしい映画もありました。

機内食ですが、決して美味しい!というものではないんですけど
しっかりとフルーツは用意されている点が有難かった。
メインは、ちょっと・・・って感じですけど、機内食なんで仕方がないかな?と思って。
搭乗して、すぐに出されるお手拭はタオルですよ。以前、NWに乗った時はペーパータオル
で、ちょっと抵抗を感じましたがCOはタオルです。

飲み物は、COは北米系エアーなので、アルコール類は有料。
$5か500円。円安なんで、ここは500円を払った方がほんの少しだけお得です。(セコイ)
飲まない私には、縁のないお話でした。

2回のお食事の他に、間食が出ます。
今回は、チキンのサンドウィッチとカップのバニラアイスクリーム。
前回は、おにぎりかサンドウィッチに小さなカップ麺だったので
頂かない予定でしたが、大好きなアイスクリームです。
しっかり、頂きました!しかも、サンドウィッチまでも。

夜中にこんなものを食べても大丈夫なんだろうか

と不安に思いながらも、食べ物の誘惑には勝てず。

両方共食べてしまいました。

こんな風に機内で過ごして、やっと13時間経過して
着きました!!

ニューアークリバティー空港へ!
[PR]
# by mirimiritravel | 2006-11-03 00:32 | NYC

燃料サーチャージって

滞在先は、とりあえず決定!
お次は、肝心要の航空券を手配しないといけません。

NYへは、直行便と経由があるのですが、勿論私は直行便希望。
コンチネンタル航空のマイレージをためている私は、迷わずコンチネンタル!!

といいたいところですが…

そこに思わぬ壁が…

燃料サーチャージ

原油価格の高騰で、航空券とは別にお支払いをしないといけないなんて!
航空券代が安くても、それに近い燃料代のお陰で、ちっとも格安航空券とは感じず。

そこで、HISへ行って、ちょっと相談を。
すると、「マイレージを貯めていても、何度も海外へ行くのでなければ貯めるのも結構大変なので、毎回格安航空券で行っても変らないですよ。私(担当して下さった方)も一応マイレージは貯めていますけど、使いませんね」とのこと。

そこで、航空会社未定の直行便の予約をしてみることに。
HISの方がいうには、日系になることはまずないので、北米系になるとのこと。
となると、ノースウェスト航空(今は、廃止になりました)、コンチネンタル航空、ユナイテッド航空のいずれかとういことか…

どれも経験があるけど、「やっぱりその中だったらコンチネンタル。
どうしても眠れないので、パーソナルビデオは必需品!コンチネンタルはパーソナルモニターで
映画もゲームもできますからね。(ゲームはしないので、あまり重要視はしていませんが)」
などど、言っていると

「今は、NWもUAもパーソナルモニターがついていますよ」ですって。

「あら、そうだったの?私が利用した当時は、イヤホンだって、チューブのようなもので」
などと余計なことを言ってしまいました。それって、今から10年以上前の話でした。

結果は、お見事にコンチネンタル航空でした。
よかった~。ラッキーです。
これで、マイレージも加算されます。

航空機が未定だったので、価格も航空会社指定するよりはお安くあげることができました!
その後、もっとお安い航空券が出て、ショックを受けましたが、まあコンチネンタルになる
可能性はどうだったかと思って忘れることにしました。

それにしても、この燃料サーチャージ、どうにかして!

本当に、負担です!
[PR]
# by mirimiritravel | 2006-11-01 22:37 | NYC

NYのホテルは高い!

c0101361_21245329.jpg
心は、もうNY。
しかし、時はまだ7月。
9月以降の航空券の料金はまだ出ていません。
とりあえず、航空券は値段が出たら押さえるとして、ホテルリサーチをはじめました。

ところが、
ニューヨークのホテルは、(庶民の私には)びっくりする位高い

一瞬、行くのを止めようかと思った程です。
誰か、一緒に行ってくれないかな~と弱気な私もちらほらと。。。
ひとりって、高くつくんですよね~

そんな時、アパートメントホテルという存在を知りました。
しかも、日本人経営のモノがあるということも!
早速、ネットで検索はじめ!

あるじゃないの、私でも手が届くお値段の滞在先が!

思わず、ほくそ笑んでしまった私です。
まだまだ時間もあるし、焦る必要もないけれど、
とりあえずいくつかのホテルに空室の確認をしてみることにしました。

すると。。。

とりえあえず、予約をしている人が結構いる
(年末年始なんて、もう予約している人が結構するんです)

ということが分かり、もうそろそろプランニングを始めた方がいいと思い始めたのでした。
というのも、NYで紅葉を見ようとする人って、結構いるんです。
そしてそして、NYシティマラソンなんぞもあって、秋は人気のシーズンだったのです!
(今年は、11月5日です)
知らなかった~。

無知な私は、夏休みシーズンが終わって比較的ギリギリな申し込みでも大丈夫だろうと
思っていましたが、現実は違いました。


それを知ってからというもの、すぐにNYのガイドブックを購入し
どこへ行こうか、何をしようかと焦る私。
でも、土地勘もないし、ただ漠然とNYへの憧れだけで決めたので
特にしたいことなど浮かばず。

なんて私らしいんでしょう

などと、我ながら関心してしまいました。
何がしたいんだ、私は・・・

とりあえず、ミュージカルみて、美味しいものを食べて、買い物して、夜景みて・・・
なんだか、私ってつまらない人かも。
自己嫌悪して、ちょっとプランニングが停滞してしまいました。

そこから、気がつけば8月も中旬。
停滞期間が長い私。
買ったガイドブックも開かず、ただただ気持ちだけNYに飛んでおりました。
妄想癖がこんな時に発揮されている場合じゃない!と奮起し
膨大な情報に圧倒されながらも、なんとか自分なりのプランニングを立てることができたのでした。

といっても、たいしたものではなく、NYへ行って思うのですが、全く無意味のプランニングだったのでした。
[PR]
# by mirimiritravel | 2006-10-30 21:26 | NYC

私が、NYへ行こうと思ったワケ

今年は、どこへ旅行へ行こうかと思っていました。
一応、毎年1回は海外へ行こうと思っていたので、自然と目的地は海外とむかっていたのですが、なかなか「これ!」という国が思い浮かばず・・・

そんな時、「ひとり旅がしてみたい!」と思いついた私。

ひとりで行ける海外=アメリカ

アメリカなら、ひとりでも行ける!と思い立ち、早速どの都市へ行くかを考え始めました。
季節は、秋。だったら、四季のある東海岸がいいな~と漠然と思ったのですが
ボストンは2年前に行っているし。

東海岸で、行ってみたい都市・・・

ニューヨークかワシントンDC。
ワシントンDCは、まだまだ見てない博物館があるけど、他に何があるんだろう?
ニューヨークは、ひとりで怖くないか?などと考えていると

こんなサイトを発見。

ひとりでいけるかも

などという、全く無意味な自信がわいてきてしまったのです。

そして、私の大好きな映画You've Got Mailの舞台も

c0101361_21294960.jpg



CIPHER(成田美名子著)の舞台もNY。
漠然とNYに憧れている自分がいました。よく考えたら、私はずっとNYへ行ってみたかったんだ。

CIPHERを読んでいた頃、いつか絶対にアメリカへ行くんだと心に決めていて
夢が叶った時は本当にうれしかった。
でも、私の初アメリカの行き先はロサンジェルス。CIPHERに憧れていたはずなのに、
LAに降り立ってしまった私。
その後、何度か渡米しても、いつも何故かNYだけは行けずにいたのです。
やっと、NYの地にたどりついたのは、今から8年前の2月。
当時はボストンにいて、アムトラックでNY入りしたまでは覚えているのですが
なんせNY=危険という方程式で頭がいっぱいの私のおつむ。
あまりの恐怖のためか、2泊3日の滞在で、記憶に残っていることって、自由の女神とエンパイヤステートビルのみ。
ミュージカルCAT'Sも観ているのですが、殆ど記憶になく
JAZZ BARも行っているんだけど、どこへ行ったか分からず(名前を忘れた)
SOHOもCHINA TOWNもなんとなくの記憶のみ。
初めて乗った地下鉄での、思いっきり頭をドアに挟まれたというどんくさい自分の
不名誉な記憶は残っているんですけど。


こんなわけで、NYへは絶対に行きたい否行くんだと心には誓っていました。

そして、今回それを実行しよう!と思い立ったのでした。
[PR]
# by mirimiritravel | 2006-10-29 22:42 | NYC