続・ワンハンドレッド


スィートルームです!

ミシミシと音がするのは、私の足音。
ちょっと、怪しいんですけど。
[PR]
# by mirimiritravel | 2006-11-16 21:14 | NYC

ワンハンドレッド動画



リビングの動画です~

かすかにBGMが聞こえます。
こんな静かな雰囲気で朝食をとったり、お茶を飲んだりできるんですよ。
[PR]
# by mirimiritravel | 2006-11-15 23:03 | NYC

ワンハンドレッドにて

10月17日

楽しみにしていたワンハンドレッドでの朝食。
7:30~ということで、張り切って7:30(早い!)にパーラーに伺う私。
パーラーとは、チェックインの時に寛がせて頂いた場所です。
そう!ハロウィンのディスプレイがところどころにされているので
本当に素敵なんですよ~。

手前に写っている赤いランチョンマットが私のお席でした!
このクラッシックの雰囲気が、本当にいいんですよ。私、かなりこういうインテリアが
好みです♪天井が高いのがお分かり頂けると思うのですが、解放感たっぷりでしょ?

c0101361_2256767.jpg



c0101361_22562418.jpg




パーラーでは、各種お茶が取り揃えられているんですけどこのようになっています。
c0101361_22564662.jpg




c0101361_2257284.jpg





本日の朝食。
・中華街で買ってきたというお豆腐と湯葉のスープ
・ハーブのサラダ(だと思う)
・ベトナム風のチキン(だったハズ)バルサミコで味付けをされたそうです。
c0101361_2303213.jpg


このイングリッシュマフィンは、凄く美味しかった!勿論、この全てのお料理が
とっても美味しかったです。バルサミコで味付けされたチキンが美味しかったので、
帰国後バルサミコでチキンをソテーしてみたんですけど美味しかったです。
(すぐに感化される)
c0101361_22571673.jpg
このケーキドームにパンを入れるというアイディアが気に入って、早速ケーキドームを
購入しようと思ったんですけど、まだ気に入ったものが見つからず購入に至っていません。
早く欲しいんですけど。

こちらで朝食をとりながら、陽子さんとスタッフの方々と会話をすることができます。
滞在中の方々とも交流ができますが、私が滞在中は、私の他に2名の女性客。
この日は、そのうちのお一方(Kさん)とご一緒させて頂きました。

関西ご出身ということでしたが、ひとりボケひとり突っ込みがとっても楽しくって、
その後連絡先を交換させて頂くことに!

陽子さん、スタッフの方、Kさんと私の4人での楽しい朝食時間は
気がつけば2時間も経過していました!おいおい・・・話すぎ…
(朝食を頂くのは、ゲストのみです。スタッフや陽子さんはサーブをして下さるだけ)
でも、これがワンハンドレッドの醍醐味です。他では、味わえない楽しさです。
この時に、NYのお薦めなどの情報をいろいろ教えて頂けるので
ただのB&Bではないですね。
本当に、親しい友人の家に滞在をしているような感覚になっていた私です。
[PR]
# by mirimiritravel | 2006-11-10 23:32 | NYC

10月16日続き

この日は、またまたMidtownへ行ってきました。

Rockefeller Centerで食べたいものがあったんです。
それは、ピッツア~~
c0101361_166438.jpg

Rockefeller Centerには、沢山のショップが入っています。
その中で、いつも地下鉄に乗る際にピッツアが目に入って
一度食べてみたかったんです。毎回、お腹がいっぱいで食べれないとか
時間がないとかで諦めていたんですけど、今回はちゃんと食べよう!と決心。

Sbarroです。

こちらは、自分でピッツアを選ぶとそこから軽く焼いてくれます。
アツアツを食べれるんですね。ファーストフード(だと思うんですが)なのに、こういう
所がいいな~なんて思いました。味は、大味です。(笑)

Rockefeller Centerといえば、クリスマスツリーが有名ですが
今年も綺麗なツリーがお目見えしたようですよ。
その様子はこちらです


私が滞在をしていた時は、勿論ツリーはなかったんですけど
アイスリンクは解放されていて、沢山の人達がスケート楽しんでいました。

c0101361_16115223.jpg


c0101361_1612721.jpg



c0101361_16122923.jpg




NBC
c0101361_16175147.jpg


朝のニュースが、ここから発信されているようで沢山の人だかりでした。
US版「ズームイン」って感じでしたよ。


まだ、誰もいないアイスリンクはこんな感じ。
c0101361_16181139.jpg



ここで、スケート選手が練習をしていたというので、張り切っていってみたんですけど
残念ながら遭遇できず。(10月16日の早朝)

この日は、特に何ということもなくRockefeller Center周辺をぶらぶらしてみました。

St. Patrick's Cathedral
c0101361_16283580.jpg




地下鉄の入り口にあったデリ
c0101361_16285780.jpg




何気なくある建物が、おしゃれなのがNYC。
ただブラブラしているだけでも、充分ウキウキ気分でした。
この日も、随分歩いた私です。
その後、暗くなってワンハンドレッドに戻りました。

この日は、晩御飯をどこで食べようかとワンハンドレッドの周りをウロチョロ。
夜なのに、結構平気で歩いていました。
すると、見知らぬ若者が声を掛けてきて

「道に迷ったの?」って。

彼らは、さっきから私がウロウロとは徘徊していた様子をみていたようなのです。
恥ずかしい・・・

「大丈夫です」と言い放ち、すぐさま逃げようとする私に

彼らはまたしても「本当に??」って・・・

「もしかして、怪しいって思われない??」と一瞬よぎった私は
一目散にすぐ近くの誰もいないカレー屋さんに入ってしまいました。

インド人風のおじさんがニョっと出てきてオーダーを聞いてきます。
心の準備もなく入ってしまったので、とりあえずメニューの一番上のものをオーダー。
ここで食べていくのか、それとも持ち帰りか聞いてきたんですけど
誰もいない寂れた(失礼!)食堂風のお店の中で食べる気持ちには全くなれず
「持ち帰りで!!」と言い放ちました。

ワンハンドレッドに戻り、買ってきたカレーを広げました。
c0101361_16552697.jpg

偶然入ってしまったこのお店。
思いのほか、美味しかった!!
はっきりいって辛いんですけど、コクがあって美味しい。
しかも、サイコロ型のお肉がゴロゴロ入っています。
大正解でした!

この日は、フジテレビのチャンネルをみながら、この予想外に美味しかったカレーを
食べました。


NYでみていた日本のチャンネルはこんな感じ
c0101361_16582281.jpg


c0101361_16584381.jpg




明日は、グランドゼロへ行こうと決め早めにベッドに入りました。
[PR]
# by mirimiritravel | 2006-11-09 23:40 | NYC

お引越し

10月16日

今日は、滞在先のお引越し日。
もともとNY旅行中は、このお引越し先での滞在を予定していたんです。
でも、こちらのオーナーがお仕事の都合上、10月15日までは不在。
リピーターのお客様以外は、充分な旅のお手伝いができないので
予約を受け付けないとのことでした。
そこで、10月16日から予約を取って、それまでは違う滞在先にすることにしたというワケです。

NYで評判のB&BThe One Hundred

オーナーの陽子さんは、日本人で(名前で分かる。当然か…)どうやらアーティストのようです。
(過去に宿泊なさった方のHPなどから分かったんですけど)
Webで検索をかけて頂くと、多数ヒットするので、NY愛好家の中では有名。
皆さん、絶賛されているのは、

お料理が美味しい
素敵なインテリア
朝食で陽子さんとする会話

なんですけど、納得です。

では、早速お写真を~!

最寄り駅から、ワンハンドレッドまでの道のり
c0101361_2139116.jpg




玄関
c0101361_21392643.jpg




チェックイン当日はやはり寒くって、白い息を吐きながら最寄駅からこの玄関まで
約徒歩5分位でしょうか?歩いて到着しました。
玄関先を写真に写そうと、スーツケースを置きカメラを構えてシャッターを切ると
この玄関の地下から男性が2人出てきたのです。
一瞬驚いて「ヒッ」と思ったら、そのうちの若い男性がニコッと笑って近寄ってきました。

な、なんだ?

私の警戒心が全開。
そして、「陽子のゲスト?」と聞いてきたのです。
「ハイ」と答えると、いきなり彼はスーツケースを持っていくじゃないですか!

へ?ちょっと…と思わず声に出してしまった私。
そして、玄関前までスーツケースを運んでくれたんですけど、ピンポ~ンって
チャイムを鳴らす始末。

なにもんだ?
私の警戒心はさらに上昇。
その様子を察知した彼は、

「僕は、陽子のだんなさんだよ」

な、な~んだ。

オートロックなので、外側からだと鍵がないと開けられないのでチャイムをならしたんだそうです。いらぬ警戒心を抱いてしまった私。
しかし、一人旅に警戒心は絶対必要不可欠。
ま、いいか~と気を取り直していると、中から若い女性の姿が…
一瞬、陽子さんかと思ったら、こちらのスタッフの方でした。(何人かいらっしゃるようです)

玄関を開けて、さらに大きな扉を開けると、天井の高いリビングが現れます!
c0101361_2213324.jpg



うわ~、ディズニーランドのホーンテッドマンションみたいだ。(誉め言葉)
天井が高いので、すっごく解放感があるんです。
しかも、丁度ハロウィンが近くに控えているということで、内装がハロウィンモード。
c0101361_227092.jpg


くもの巣がはっています!
ひく~く、クラッシックがBGMでかかっているんですよ。
素敵でしょ?

すると、その若いスタッフの方がお茶を出して下さり
「オーナーは、今参りますのでお待ちください」とおっしゃってくださいました。
お茶を飲みながら、陽子さんを待っていると人懐っこいニャンコ(多分ペルシャネコ)
が私の膝の上に乗っかってきてゴロゴロ。
私はワンコを飼っているので、大概ネコには敬遠されるんですけど
この子はワンコと一緒に飼われているので(パピオンでした!)大丈夫みたいなんです。
カワイイ子でしたよ~。

陽子さん、登場です。
マダム的な方を想像していたんですけど、全然そんなことはなく
若い女性(って失礼ですかね?)でした。
凄いな~、この若さで(って、実際の年齢は知らないんですけど)評判のB&Bを
切り盛りしているなんて!と感動する私。

お支払いを済ませて、たわいもない話をして、早速お部屋をご案内くださいました!
今回私が宿泊したのは、スィートです。ひとりで、スィート。実に、勿体無いことです。
広い広いお部屋でございました。

c0101361_21414593.jpg


ドアを開けると、小さなベット(天蓋付)がお目見え。
一瞬、ここで寝るのか心配する私。

c0101361_2142656.jpg


しかし、すぐに横に目をやるとベットを発見!一気に安堵する。
おお~!

c0101361_21403889.jpg



c0101361_21424094.jpg


さすがアメリカ。まくらの数が多すぎる。8個。一体、どうしろというんだろう。
でも、素敵♪c0101361_21422423.jpg


前方にバスルームがあります。


c0101361_21394539.jpg





c0101361_21401770.jpg



さりげなく飾った絵本の数々がなんともかわいらしい!



c0101361_21405668.jpg


この椅子に座ってTVをみていました
c0101361_2141317.jpg


こんな角度で



c0101361_21425974.jpg



c0101361_21431581.jpg




こちらでは、宿泊料の中に、こちらの携帯代が含まれているのです。
通話料は無料(朝7時~夜9時まで1日20分以内。夜9時~朝7時までは無制限。全米中どこにでもおかけになれます。)日本からのお電話も受けていただけますが、国際電話 をかけることはできません。テレフォンカードをお使いください。

というなんとも有難いサービス!!

アメリカの携帯は、日本の携帯と比べると小さいです。
こんな感じ。

画像が多いので、一回UPします!
[PR]
# by mirimiritravel | 2006-11-09 22:34 | NYC

2日目&3日目

3日目と4日目は、知人に会っていて写真がないのです。
残念!
この日は、現地を詳しく案内してもらってよかったんですけどね~。
お食事もひとりではなかったので、やっとまともなものが食べれたんです。
そこで、行ったレストランをご紹介。(写真ナシ)

Park Avenue Cafe

こちらは、お洒落です。
そして、ギャルソンがかっこいい!
私は、ブランチメニューを頂きました。
量が多いんですよね。お腹がいっぱいになってしまって。
その後デザートは?とイケメンギャルソンに
聞かれたのですが、「結構です。お腹がいっぱいなので」とお断り。
ギャルソンは「本当に?」と言ってウィンク。私は、これは営業だな!と
へそ曲がりに捉えてしまいました。

後々に分かったんですけど、ここはデザートが有名なんだそうです。
そう、ここでデザートを食べないと勿体無いってことで、
彼はウィンクで教えてくれていたんですね。

残念!勿体無いことをしました!

Peninsula Hotel

こちらのBarも行ってきました。
さすが、ペニンシュラです。素敵な雰囲気でしたよ。
久々にBarに行ったので、シャンパンなど飲みたかったんですけど
残念ながら、旅の疲れがドッと出てしまってお酒が飲める状態ではなく。
ソフトドリングでした。あ~あ、なんて勿体無いんでしょう!
こんな雰囲気にジュースなんて。

というわけで、2日め3日めは知人達のお陰で素敵なニューヨークを過ごせました。
有難う!
[PR]
# by mirimiritravel | 2006-11-05 21:14 | NYC

2日目その2

ミッドタウンへ戻り、タイムズスクエアへ行きました。
アパートメントホテルから、徒歩15分程度。


c0101361_15114396.jpgハーシーズのビル。とってもカワイイと思いませんか??



c0101361_1512268.jpg


c0101361_15121856.jpg

ミュージカルの劇場がひしめきあうこの場所は、沢山の観光客で
まるで御徒町のよう。(←表現があまりに乏しいけど)

人の声と、タクシーのクラクションの音で凄いことになっています。
そうそう、NYでは信号はあっても、ないものと思えといった感じ。
歩行者は、赤信号でもバシバシ横断します。ここで、まともに運転ができる人は
いないだろうな~と。

この近くには、トイザラスがあるんですけど、なんとお店の中に観覧車のような
乗り物があって、子供達が喜んで乗っておりました。
私は、窓越しに見学。さすが、エンターテイメントの国アメリカです。
(これも、写真ナシ)

うろちょろしていたら、一気に暗くなってしまって今日はこの辺で戻ることに。
明日は、午後からNYにいる知人と会うことになっています。
一体、どんな場所を案内してくれるのかな?と楽しみ。
[PR]
# by mirimiritravel | 2006-11-04 15:22 | NYC

2日目

10月14日

週末は、地下鉄の運行状況が変ります。
それも、日本じゃあ考えられないような変りよう。
(各駅停車だった電車が、途中から急行電車に変るという噂も!)
ガイドブックには、変動するラインと変動しないラインと書いてあるんですけど
実際には、そんなことはお構いなし?で、その都度駅構内の張り紙や
放送で確認が必要です。

地下鉄=怖い

という方程式がすっかり抜けていたのですが、やはり何かあってはいけないと
警察が見える場所で電車待ち。
(地下鉄では、犯罪防止のため警察官がいるのです)

今日は、私の大好きな「You've Got Mail」のロケ地めぐりをしよう!と決めて
アッパーウェストサイドへ。

ミッドタウンとは違い、生活感漂う街並み。
c0101361_14353911.jpg


c0101361_14362590.jpg




ここZabar'sは、映画でメグ・ライアン扮するキャスリーンが、クレジットカードで買い物をしたいのに
現金専用レジに並んでしまうという場面で使われたマーケット。

アッパーウェストの高級スーパーマーケットです。
ユダヤ人が経営するこのお店の名物はサーモンだそうです。
併設のCafe(というほどお洒落ではないのですが)では、ベーグルにサーモンという組み合わせのサンドが美味しいとのこと。
残念ながら、私は食べる機会がなかったのですが、こちらでバケットとターキーハムと
豆腐とサーモンのスプレッドを購入。アパートメントホテルで食べようと思って買いました。
チーズの種類も豊富ですが、ひとり身の私は見ているだけ~状態。
大好きなんですけど、量が多すぎ。
店内は、チーズ好きの私でもちょっとキツイな~と思う程ニオイがします!


c0101361_14451269.jpg


c0101361_14453078.jpg



c0101361_14365329.jpg


ここは、H&Hベーグル。映画でも出てきますね~
先ほど、バケットを買ってしまったので買わずにグッ我慢。
有名すぎるほど有名なお店です。

私のブログでも、ベーグル祭りでご紹介しましたが、日本でも購入可。
でも、味はNYの方がいいとか。(信憑性のほどは分かりません)

あとは、Webで購入可。こちらです。


c0101361_14373755.jpg

こんなアパートに住んでみたい!!こんなクラッシックな建物が、この辺りはひしめき合って
いて、本当に素敵でした。
今にも、メグやトムが出てきそう~


その後、ここから少し歩いたところに、ダコタハウスがあるので行ってきました!
(写真はナシ)
セントラルパークのすぐ横にあるのですが、ガードマンもしっかりといて
いかにも「高級」といった面持ち。
偶然、オノ・ヨーコに会えるかも!な~んて、はかないアホな期待を抱きつつ
ポカ~ンと口を開けて見ていた私。
こちらには、ヨーコの他にどんなお金持ちが住んでいるんだろうと想像していました。
こちらに入居するには、ただお金を持っているだけではダメのようで
厳しい審査をクリアしないといけないんだそうですよ。
ここに住んでいるっていうだけで、社会的信用もつくってことでしょうか?

そろそろ、風も出てきて寒くなってくきたのでミッドタウンへ戻りました。
[PR]
# by mirimiritravel | 2006-11-04 15:07 | NYC

1日目

10月13日(金)

いよいよ、マンハッタンを満喫開始です!

滞在先を出て、とりあえず周辺を散策。
デリが多い。さすが、NY。ありとあらゆるところにベンダー(屋台)もあるし
食事には困らないわけです。
ベンダーには、ベーグルやプレツェル、ホットドッグなど。
飲み物は、やはりコーヒーですね。
私は、結局ベンダーでは食べ物は買わなかったのですが、ネットでみると
なかなかのようで美味しいようです。

実は、週末に知人と会う約束をしていたので、待ち合わせ場所を確認しておかなければならなかった私。最初に、その場所を見に行くことにしました。場所は、5番街。

ロックフェラーセンター駅から、地下鉄の一週間のパスを購入。
これで、心置きなくNYを地下鉄とバスで闊歩できます!
c0101361_1275951.jpg


運賃は、一律$2。地下鉄は、かなり広範囲を網羅しているので遠方へ行くほどお得。
詳しくは、City of New Yorkまで。

c0101361_12181850.jpg

地下鉄マップ

滞在が長い場合は、期間に合わせてフリーパスがお得です。
毎回、$2つづ払うよりずっと経済的です。地下鉄だけではなく、バスも乗れるのでね。

まず、メトロカードですが、先ほど説明した通り一律$2なのですが
メトロカードは$4から$80のものが発売されていおり、$10以上購入すれば
20%のボーナスがつくとのこと。こちらは、Pay-Per-Ride(ガイドブックより)

=$20買うと$4のボーナスがつき、10回乗車分で12回乗車できるということ。

私が購入したものは、Unlimitedというフリーパス。
こちらは、1日($7)・7日($24)・30日($76)のタイプとあります。
私は、$24で7日のパスでNYを闊歩していたことになります。

ロックフェラーセンター駅から、Vラインへ乗り5 Ave-53st駅に到着。
次の駅です。はっきりいって、地下鉄に乗るまでもなく、歩けます!
知らなかったので、しっかり地下鉄に乗っていきました。

5番街は、さすがです。高級ブティックやデパートなどが立ち並んでいました。
そこで、何故か上半身はだかでジョギングをする男性を発見。

何者なんだ

確かに、近くにセントラルパークがあるからジョギングしていたのかも知れないけど
5番街まで出てこなくたって…
驚きましたが、ここはアメリカ。人目など気にしないのかも知れませんね。

とりあえず、待ち合わせ場所の位置確認ができ、朝食をとろうと周辺を散策。
何か買ってセントラッルパークで食べよう!と思ったんですけど

寒い、と~っても寒い

トレンチコートだけじゃあ、しのげません。
先ほどの男性は、ランニングをしていたので暑かったのでしょうが
普通の皆さんはコートを着てマフラーなんぞをしていましたから。
風がなければ、頑張って行ったんでしょうけど、風があったので
とてもじゃない!と思って中止。

近くのデリでサンドウィッチを購入。
最初は、スープを買おうと思ったんですけど、ランチからだと言われてしまい
朝はスープは食べれず。
オートミールは好きじゃないので、結局無難なサンドウィッチでした。
中身は、ターキ!これ!これ!日本では、ターキーハムなんて食べれない(のは我家だけ?)
ので、ここぞとばかりにターキーに目ばかりいきます。
ベーグルにターキーハムのはさんであるサンドを購入して滞在先に戻りました。
途中、別のデリで温野菜のサラダなどを追加購入。
朝から、ガッツリ食べました。

そこから、今度はまたまた地下鉄に乗って散策開始!
グランドセントラル駅へ行って見ました。
グランドセントラル駅は、映画の撮影にも使われる駅でして
私が知っているのは「刑事ジョン・ブック/目撃者」ですね~
物凄い広い駅で、いろいろなお店があります。
サイトはこちら
駅としてではなく、遊びにいくだけでも、充分に楽しめる場所のひとつです。


結局、1日目は滞在先ミッドタウンの周辺散策で幕を閉じました。
というのも、眠ってないのでチカラが出ない!
明日に備えて、ゆっくり眠ろうと決意し眠りにつくことにしたのでした。
[PR]
# by mirimiritravel | 2006-11-03 12:08 | NYC

NY到着・・・

ぼーとした頭のまま、入国審査へ向いました。
結構、並んでいるので待つんですよね。

「Next!」という声で、私の番。

身も心も、疲労でいっぱいいっぱいの私。
一通りの質問を受けて、最後に指紋と顔写真を撮影。
その後、パスポートの顔写真で本人確認をしてくれていたんですけど
入国審査担当者が何度も何度も私の顔と写真を見比べるんです。

全然、顔が違うらしい


そりゃあ、8年前のものですし、長いフライト後でスッピンの私の顔は
すっごく疲れていますってオーラを大放出していたんですけど・・・

思わず「その写真は、もう随分と前のものなんで」と追加説明をして
事なきを得ました。

入国審査で、こんな風に足止めを食らったことは初めてだったので
いささか動揺はしましたけど、これも経験いい思い出。

さて、本当に本当にNY!


ニューアークからマンハッタンからへのアクセスは、

・地下鉄

・バス

・タクシー

という方法があるんですけど、私は一番楽だというバスを選びました。
Newark Airport Expressというバスなんですけど、Webや空港でチケット購入をするらしいのですが、私はバスまでいって係りの方にグランドセントラル駅まで行くか確認して、その場でチケットを購入しました。(片道$14 往復$23)
全てのバスが、グランドセントラルへ行くというわけではないらしいので
間違い防止のためにそうしました。なんせ、方向音痴。山勘なんて当たらない。

コンチネンタルの機内誌の中に、このバスの往復チケットのディスカウントクーポン($5 OFF)がついているので、往復利用する予定のあるかたは忘れずに!
私は、帰りはバスを使う予定をしていなかったので買いませんでしたが(渋滞やら、定刻どおりに来るか不安だったので)、ご利用の方は往復で買ってさらにOFFクーポンを利用すると、$18!なんだか、とってもお得ですね。

また、車内にトイレはあるのですが、決して綺麗とはいえないので
トイレは空港内で済ましておきましょう。

c0101361_13452697.jpg



このバス、15分毎に来るらしいのですが、ここはアメリカ!時間通りに来るとは限らないので
気をつけた方がいいですね。私は、たまたまグランドセントラル駅行きのバスがいたので
運よく待たずに乗れましたけど。
また、白タクの被害が相変わらず多いらしいのでタクシーをご利用の際には気をつけましょう。


c0101361_9482213.jpg

バスからの風景その1

ぐらぐら揺られること1時間半。
時差ボケと眠ってないのと車酔いで頭痛。
気持ち悪かったんですよ。
着いた時は、ほっとしました。

c0101361_9494319.jpg
バスからの風景その2

さぁ!気持ちを引き締めて滞在先へとむかわなくっちゃ!





c0101361_1293967.jpg

グランドセントラル駅

ゴロゴロとスーツケースを転がし、グランドセントラル駅から徒歩でむかいます。
案の定、方向音痴なので駅からは10分程度なはずですが迷ったので
もっとかかりました。

後日、滞在先周辺を散策した際に近かったことを発見しました。
マンハッタンは、碁盤の目なので実に分かりやすいのです。
観光客には有難いです!

滞在先に到着した私は、やっと堅苦しい格好から解放されたのでした。
さぁ!明日から、NY観光開始です!
[PR]
# by mirimiritravel | 2006-11-03 09:52 | NYC