カテゴリ:NYC( 18 )

いざ、帰国

c0101361_23144278.jpg


地下鉄を乗り継いで、空港へ向かいました。
早朝です。
なんせ、ひとり旅なので、「頼れる者は自分だけ」ということは
心に余裕がないといけないんです。
心の余裕は、時間の余裕が生む。これは、勝手な持論ですが間違ってはいないと思います。

早朝出発だったために、B&Bでの朝食のサービスが受けれず(これは、ショックだったな~)
その落胆ぶりに、Kさん(同時期滞在の方)がパンと飲み物を下さいました!

あ、ありがとうございます!
c0101361_23224643.jpg


なんと、心強いんでしょう!
食べ物があるって、心強いんですね~(←私だけ?)


ゴロゴロとスーツケースを引いて、階段でくじけそうになりながらも
地下鉄 → 階段 → エスカレーター → ニュージャージートランジットと乗り継いで
空港へ到着。

ボディーチェックの際に、上着を脱がずに通過しようとしたら止められたりしたけれど
見知らぬ東洋人風ビジネスマンに助けられたり、日本の芸能人らしき団体に遭遇したり、空港にあった
L'OCCITANEの店員が、接客もせずに長電話で
私が買い物をしたくても相手にしてもらえなかったりと小さなハプニングもありましたが
どうにか長~い待ち時間を乗り越えて搭乗することができました。

お席は、行きとは違い窓際。
ひぇ~、トイレが…
心配の通り、私の隣は新婚旅行風のご夫妻。
しかも、何故か以前に会ったことがあったような…
奥様が手にしていたハーシーズのお土産袋を見て、思い出しましたよ。
ミッドタウンのハーシーズ(先述の写真参照)で見かけた気がします。
物忘れの激しい私には、有り得ない記憶。
お話はしなかったのですが、雰囲気がとってもよろしくって
思わずたわいもない会話でもしてしまいそうだったんですけど、
なんせ長時間のフライトなので、この先ずっと会話をしないといけないかな?
などと余計な心配をしてしまって、その衝動を抑えました。
トイレは、彼らがトイレに立ったときに申し訳ないという気持ちを全面にアピール
しながら。結構、気を使いました。(そんな必要はないんでしょうけどね)

結局、帰りのフライトも全然眠れずに、瀕死の状態で成田へ到着したのでした。

本当に、飛行機で寝れないって辛いです。

成田へ到着後、すぐにリムジンバスのチケットを購入しバスに乗り込んで家路に・・・
と思ったのですが、実はNYCでちょっとしたハプニングがありまして…

普段、使い捨てコンタクトを使用している私。
愛用品は、2週間のモノ。でも、今回は旅なので1日づつ交換のモノにしたんです。
そうしたら、連日はずす前に紛失してしまうというハプニングがおこってしまい
「もしかして、まだ目の中にあって、眼球の裏側とかに貼り付いているのかも」と
心配症の私は、帰国後即眼科へ向かったのでした。

リムジンバスが地元に到着し、かかりつけの眼科ではない眼科へ。
(かかりつけは、会社の方面なので)初めての病院って、なかなか緊張するんですけど
こういう緊急事態には我侭は言っていられません。
目に付いた眼科へとズカズカ入っていきました。

先生に心配を打ち明けると、大阪弁のDr.は

「皆さん、コンタクトが眼球の裏側へ行くと思うようなんですけど
入らない構造になっているんですよ」


と笑顔で回答。
まさに「天使の微笑み」(に私は思えた)。
「でも、一応調べてみましょう」と言って、コンタクトレンズに反応するという液体を使ったり
してチェックチェック。

「大丈夫ですよ~」とのことで、事なきをえたのでした。

心配症の私は、NYCで「失明かも」などという絶望感にさいなまれ(アホですけど)
正直旅行を楽しめなかった部分があったんですけど、とりあえずよかった。
その後、家に到着して、この話を義弟に話すと

「なんだ~、オレは知ってたよ。言ってくれれば、教えてあげたのに」

って。私のようなことをして心配しまくったご学友がいたそうな。


とりあえず、大きなハプニングもなく「NYCひとり旅」は終了となりました。
最初は、肩にチカラを入れて「素晴らしき旅行記」になる予定だったんですけど
気がつけば、かなり脱力した出来になってしまいました。
すみません。ま、所詮私というのはそういうニンゲンです。
よく「ツメが甘い」と言われるのですが、まさにそうです。否定などできませぬ。

長い間、読んで下さった方がいたら感謝です。
有難うございました。
[PR]
by mirimiritravel | 2007-02-04 00:01 | NYC

10月18日

朝食は、こちら。
c0101361_1729169.jpg

ベトナム風のコロッケとかなんとかおっしゃられていました。
生クリームが入っているそうで、クリーミーなコロッケ。
コロッケといっても、衣がなく、油であげたというよりは焼いた感じがしたのですが…
(毎朝、お料理の説明をしてくださるのですが、食べたことがないものに関しては
記憶にとどめておけない性分)

そして、春雨とサラダです。

相も変らず美味しい朝食を頂き、出発をしました。

明日の早朝には空港に向かわないといけない私は、この日がNYCで過ごす最後の日と
なっていました。

その前に、空港に向かう道を間違えないために経路をたどってみようと思い
Penn St.へ。

Pennsylvania StationでNew Jersey Transitに乗って空港へ向かうことにしたのですが、分かりにくいとアドヴァイスを頂いたので
場所を把握しておきたかったのです。

c0101361_17365472.jpg



この駅には、いろいろな食べ物のお店があって面白かった!!(やっぱり食べ物に興味深々)
ここで思ったのが、アメリカ人の肥満の原因ってこういう風にどこでも
食べ物が買えるってこともあるんだろうな・・・ということ。
本当に、いたる所で食べ物が買えるんですよね。

この駅で、ずっと食べたかったKrispy Kreme Doughnutsを発見!
c0101361_17413678.jpg


c0101361_1742121.jpg




念願だったので、うれしかった~!
今発見したんですけど、日本にとうとう上陸するんですね~(詳しくは、添付のHP)
12月15日ですって!新宿サザンテラスか・・・行ける、否行くでしょう~
味は、アメリカにしてはさっぱり味なんです。ミスタードーナッツの軽い版みたいな感じ。
大きさも、日本人にはちょうどいいです。美味しかった!
値段は、100円程度です。日本では、一体いくらなんでしょう~気になります。
200円位でしょうかね??

その後、これまた念願だったお店へと向かいました。
それは、Cafe Lalo!!

ここは、大好きな映画「You've Got Mail」で使われたCafeです。
c0101361_17513964.jpg



c0101361_1752146.jpg


c0101361_1752239.jpg



ワンハンドレッドで朝食を頂いていたし、ドーナッツも食べたしまったので
ここで食べれる胃のスペースはなく、コーヒーだけを注文しました。
ケースに入ったケーキ達は、どれも美味しそうだったんですけど~

すると…

c0101361_17543084.jpg



カフェオレボールみたいなカップになみなみとコーヒーが入ってきました。

「こんなに飲めるわけないでしょう」とつぶやいてしまった私。
アメリカンは好きじゃないし(濃い目のコーヒーが好き)、こんなに飲んだら
トイレが近くて大変なことになるだろうし…
この量で、400円位だった気がします。結構、安くてびっくり。


まあ、ゆっくりするつもりだったからいいやと思いなおして
周囲を見渡すと、日本人らしき観光客ばかりでした。
日本語がLaloで飛び交っていて、一瞬青山辺りで一休みしている気分になってしまいました。

それから、店員さんたちが着ていたTシャツが売られていることを知って
思わず買ってしまいました!!
やっぱり、ミーハー。

コーヒーで、たぷんたぷんになったお腹をこなそうとアッパーウェストを散歩。

かの有名なSarabeth's Kitchen
c0101361_1845369.jpg



ここでも食べたかったんですけど、なんせひとり。
1日2食で充分だったので(3食の日もあったけど)、寄ることができませんでした。
その為、これまた有名なスプレッドだけFairway Marketで買ってきました。

c0101361_19243697.jpg




c0101361_189040.jpg



美味しい!もっと買ってくればよかった~と大後悔です。
日本でも、買えるお店は何箇所かあるんですけど、この大きさではなく
小さいもの。また、お値段だって当然ながら高い。
私の買ったものは、510gで1000円以下でした。
先日、Dean and Delucaでみたら1260円(255g)!!
高い~~~~

一応、こちらのサイトで買えるのでご紹介を!
Marie Fields
NY在住の駐在員の奥様御用達だとか・・・


アッパーウェストの散歩を終えて、ワンハンドレッドへ戻ってきた私は
お土産用のベーグルと赤いチーズケーキを買いに出かけました。


c0101361_18201064.jpg



かなりボリュームがあるラ・ベーグル・デライトのベーグル。これで、100円以下。
c0101361_18165211.jpg



c0101361_18173231.jpg


4種類くらい買ったら、1個サービスしてくれました。
「オレって、いい人だろう!ボスにそういってくれよ」といってたんですけど
私、彼のボスは知らないしな~と思いつつ、適当な私は
「そうだね、いい人だね。ボスに言っておくよ」って…

ここは、マンハッタンとは違い人情がある街でした。
先述のように、道に迷っている(風にみえたらしいけど)私に声を掛けてくれたり
こうやってベーグルをサービスしてくれたり・・・。

感動だな~

それから、思いのほか大きかったベーグル入りの袋を持って
午前中で売り切れてしまうという赤いチーズケーキ「レッド・ベルベット」を買いに!

Cakeman ravenのレッド・ベルベット
c0101361_18192315.jpg


グロテスクな赤ですけど、想像する程凄い味ではなかった。
日本で、家族でチビチビ食べました。

さすが、ブルックリン。こんなアートがあったり。
c0101361_18181528.jpg





一通りお土産を買って、ちょっと疲れてしまったのでスターバックスで休憩。
c0101361_18465544.jpg


アメリカのスタバって、ショートサイズがないんですよ。
トールサイズからです。その為、量が多いんです。(当然だけど)
飲みきれません。
Tall/Grande/Ventiというサイズになるんですけど、Ventiってどんな量なんでしょうね。
Tallって、日本でいうMサイズです。
恐るべしアメリカンサイズです。

この日の晩御飯は、ワンハンドレッドでお薦めされたチャイニーズのデリにしました。c0101361_18525929.jpg



これまた、凄い量です。
一体、これなんだったんだろう。野菜炒めなハズなんですけどね。
[PR]
by mirimiritravel | 2006-12-10 19:26 | NYC

あいにくの雨

c0101361_20255776.jpg
10月17日

この日は、NYへ来てはじめての雨。あいにくの雨です。
というのも、今日はグランド・ゼロへ行くことにしていたのです。
そう、あのグランド・ゼロです。

ワンハンドレッドで朝食を済ませて、早速出掛けていきました。


グランド・ゼロの最寄り駅(Cortlandt St.)は、只今閉鎖中でWall St駅で下車。





周辺は、新しいビルが建つようでした。
工事中。

c0101361_20242638.jpg



沢山の観光客が、こうやって見学にきています。パネルの前で、食い入るように
覗き込む人達の姿が印象的でした。
c0101361_20244137.jpg




c0101361_2025042.jpg


c0101361_20265415.jpg


あれから、5年の歳月がたっているんですね。
今年は、このテロを題材にした映画が公開をされていました。
私は、NYへ旅行へ行く予定にしていたので観ていませんが
観ていたら来れなかったかもしれないなと思います。
この場所が、爆心地かと思うと、なんともいえぬ気持ちでいっぱいになりました。


その後、一度ワンハンドレッドに戻りました。
というのも、あまりに寒くって・・・
防寒対策をせねば・・・と戻ったのでした。

丁度、ランチタイムになっていたので、ワンハンドレッドの近くでランチをとることにしました。
そういえば、こっちにきて「ハンバーガー」を食べていないことに気がつき
本場のバーガーを食べなければ!と入ったお店で食べたのが・・・
c0101361_20424682.jpg

う・・・す、すごい量。
分かってはいたものの、想像以上に大きなバーガーに戸惑う私。
結局、殆ど残すことになり、ウェイトレスの方に
「あら、もういいの?」と言われてしまいました。

これ全部食べれたら、ギャル曽根ちゃんでしょう

と心でつぶやき、チェックを済ませたのですが…

こちらのウェイトレスさんに、着ていたトレンチコートを誉められ
少しチップをはずんでしまった単細胞な私。
誉められたのは、わたしじゃなくってコートなのにね。

味は、美味しかったんですけど、これを全部食べたら晩御飯が食べれないと思って
腹八分目にしてお店を出たのでした。

さ、防寒対策もしたし、今度はお買い物へ出かけました。

向った先は、Century21

こちらは、ブランド品が恐ろしく安く買えるデパートです。
レスポの小さなポーチ(私は、コスメポーチにしています)が$6位だったと思います。
あのSeven for all mankindが$99という破格値で売っていました!
私のサイズはなかったので、とっても残念なことに買えませんでした~!
下のサイズで挑戦するも、太ももから上に上がらず
上のサイズにすると、ブカブカの不恰好なスタイルに。
全然、セレブに見えませんでした!!


泣く泣く諦めて、チャイナタウンへ移動。

チャイナタウンへ行った目的は、チャイナタウンアイスクリームファクトリー。

チャイナタウンへ行ったら、必ず寄ろうと思ったいたのですが・・・
雨がひどくなり、思った以上に寒くてアイスどころの話じゃなくなったり
お店がみつからない等の理由で(この理由、一番頂けないでしょう)
諦めました。でも、アイス好きとしては、絶対に絶対に食べたかったんですけど…

その悔いが残ってしまって、次の日ワンハンドレッド近くのショッピングセンターに入っていた
Cold Stone Creameryへ行っちゃいました。



c0101361_1793415.jpg



この日は、とても寒くて晩御飯を食べる気力も抜け眠ってしまいました。
お昼に、ボリューム満点のハンバーガーを食べたし胃もいっぱいいっぱいだったので
よしとしました!
[PR]
by mirimiritravel | 2006-11-25 20:28 | NYC

続・ワンハンドレッド


スィートルームです!

ミシミシと音がするのは、私の足音。
ちょっと、怪しいんですけど。
[PR]
by mirimiritravel | 2006-11-16 21:14 | NYC

ワンハンドレッド動画



リビングの動画です~

かすかにBGMが聞こえます。
こんな静かな雰囲気で朝食をとったり、お茶を飲んだりできるんですよ。
[PR]
by mirimiritravel | 2006-11-15 23:03 | NYC

ワンハンドレッドにて

10月17日

楽しみにしていたワンハンドレッドでの朝食。
7:30~ということで、張り切って7:30(早い!)にパーラーに伺う私。
パーラーとは、チェックインの時に寛がせて頂いた場所です。
そう!ハロウィンのディスプレイがところどころにされているので
本当に素敵なんですよ~。

手前に写っている赤いランチョンマットが私のお席でした!
このクラッシックの雰囲気が、本当にいいんですよ。私、かなりこういうインテリアが
好みです♪天井が高いのがお分かり頂けると思うのですが、解放感たっぷりでしょ?

c0101361_2256767.jpg



c0101361_22562418.jpg




パーラーでは、各種お茶が取り揃えられているんですけどこのようになっています。
c0101361_22564662.jpg




c0101361_2257284.jpg





本日の朝食。
・中華街で買ってきたというお豆腐と湯葉のスープ
・ハーブのサラダ(だと思う)
・ベトナム風のチキン(だったハズ)バルサミコで味付けをされたそうです。
c0101361_2303213.jpg


このイングリッシュマフィンは、凄く美味しかった!勿論、この全てのお料理が
とっても美味しかったです。バルサミコで味付けされたチキンが美味しかったので、
帰国後バルサミコでチキンをソテーしてみたんですけど美味しかったです。
(すぐに感化される)
c0101361_22571673.jpg
このケーキドームにパンを入れるというアイディアが気に入って、早速ケーキドームを
購入しようと思ったんですけど、まだ気に入ったものが見つからず購入に至っていません。
早く欲しいんですけど。

こちらで朝食をとりながら、陽子さんとスタッフの方々と会話をすることができます。
滞在中の方々とも交流ができますが、私が滞在中は、私の他に2名の女性客。
この日は、そのうちのお一方(Kさん)とご一緒させて頂きました。

関西ご出身ということでしたが、ひとりボケひとり突っ込みがとっても楽しくって、
その後連絡先を交換させて頂くことに!

陽子さん、スタッフの方、Kさんと私の4人での楽しい朝食時間は
気がつけば2時間も経過していました!おいおい・・・話すぎ…
(朝食を頂くのは、ゲストのみです。スタッフや陽子さんはサーブをして下さるだけ)
でも、これがワンハンドレッドの醍醐味です。他では、味わえない楽しさです。
この時に、NYのお薦めなどの情報をいろいろ教えて頂けるので
ただのB&Bではないですね。
本当に、親しい友人の家に滞在をしているような感覚になっていた私です。
[PR]
by mirimiritravel | 2006-11-10 23:32 | NYC

10月16日続き

この日は、またまたMidtownへ行ってきました。

Rockefeller Centerで食べたいものがあったんです。
それは、ピッツア~~
c0101361_166438.jpg

Rockefeller Centerには、沢山のショップが入っています。
その中で、いつも地下鉄に乗る際にピッツアが目に入って
一度食べてみたかったんです。毎回、お腹がいっぱいで食べれないとか
時間がないとかで諦めていたんですけど、今回はちゃんと食べよう!と決心。

Sbarroです。

こちらは、自分でピッツアを選ぶとそこから軽く焼いてくれます。
アツアツを食べれるんですね。ファーストフード(だと思うんですが)なのに、こういう
所がいいな~なんて思いました。味は、大味です。(笑)

Rockefeller Centerといえば、クリスマスツリーが有名ですが
今年も綺麗なツリーがお目見えしたようですよ。
その様子はこちらです


私が滞在をしていた時は、勿論ツリーはなかったんですけど
アイスリンクは解放されていて、沢山の人達がスケート楽しんでいました。

c0101361_16115223.jpg


c0101361_1612721.jpg



c0101361_16122923.jpg




NBC
c0101361_16175147.jpg


朝のニュースが、ここから発信されているようで沢山の人だかりでした。
US版「ズームイン」って感じでしたよ。


まだ、誰もいないアイスリンクはこんな感じ。
c0101361_16181139.jpg



ここで、スケート選手が練習をしていたというので、張り切っていってみたんですけど
残念ながら遭遇できず。(10月16日の早朝)

この日は、特に何ということもなくRockefeller Center周辺をぶらぶらしてみました。

St. Patrick's Cathedral
c0101361_16283580.jpg




地下鉄の入り口にあったデリ
c0101361_16285780.jpg




何気なくある建物が、おしゃれなのがNYC。
ただブラブラしているだけでも、充分ウキウキ気分でした。
この日も、随分歩いた私です。
その後、暗くなってワンハンドレッドに戻りました。

この日は、晩御飯をどこで食べようかとワンハンドレッドの周りをウロチョロ。
夜なのに、結構平気で歩いていました。
すると、見知らぬ若者が声を掛けてきて

「道に迷ったの?」って。

彼らは、さっきから私がウロウロとは徘徊していた様子をみていたようなのです。
恥ずかしい・・・

「大丈夫です」と言い放ち、すぐさま逃げようとする私に

彼らはまたしても「本当に??」って・・・

「もしかして、怪しいって思われない??」と一瞬よぎった私は
一目散にすぐ近くの誰もいないカレー屋さんに入ってしまいました。

インド人風のおじさんがニョっと出てきてオーダーを聞いてきます。
心の準備もなく入ってしまったので、とりあえずメニューの一番上のものをオーダー。
ここで食べていくのか、それとも持ち帰りか聞いてきたんですけど
誰もいない寂れた(失礼!)食堂風のお店の中で食べる気持ちには全くなれず
「持ち帰りで!!」と言い放ちました。

ワンハンドレッドに戻り、買ってきたカレーを広げました。
c0101361_16552697.jpg

偶然入ってしまったこのお店。
思いのほか、美味しかった!!
はっきりいって辛いんですけど、コクがあって美味しい。
しかも、サイコロ型のお肉がゴロゴロ入っています。
大正解でした!

この日は、フジテレビのチャンネルをみながら、この予想外に美味しかったカレーを
食べました。


NYでみていた日本のチャンネルはこんな感じ
c0101361_16582281.jpg


c0101361_16584381.jpg




明日は、グランドゼロへ行こうと決め早めにベッドに入りました。
[PR]
by mirimiritravel | 2006-11-09 23:40 | NYC

お引越し

10月16日

今日は、滞在先のお引越し日。
もともとNY旅行中は、このお引越し先での滞在を予定していたんです。
でも、こちらのオーナーがお仕事の都合上、10月15日までは不在。
リピーターのお客様以外は、充分な旅のお手伝いができないので
予約を受け付けないとのことでした。
そこで、10月16日から予約を取って、それまでは違う滞在先にすることにしたというワケです。

NYで評判のB&BThe One Hundred

オーナーの陽子さんは、日本人で(名前で分かる。当然か…)どうやらアーティストのようです。
(過去に宿泊なさった方のHPなどから分かったんですけど)
Webで検索をかけて頂くと、多数ヒットするので、NY愛好家の中では有名。
皆さん、絶賛されているのは、

お料理が美味しい
素敵なインテリア
朝食で陽子さんとする会話

なんですけど、納得です。

では、早速お写真を~!

最寄り駅から、ワンハンドレッドまでの道のり
c0101361_2139116.jpg




玄関
c0101361_21392643.jpg




チェックイン当日はやはり寒くって、白い息を吐きながら最寄駅からこの玄関まで
約徒歩5分位でしょうか?歩いて到着しました。
玄関先を写真に写そうと、スーツケースを置きカメラを構えてシャッターを切ると
この玄関の地下から男性が2人出てきたのです。
一瞬驚いて「ヒッ」と思ったら、そのうちの若い男性がニコッと笑って近寄ってきました。

な、なんだ?

私の警戒心が全開。
そして、「陽子のゲスト?」と聞いてきたのです。
「ハイ」と答えると、いきなり彼はスーツケースを持っていくじゃないですか!

へ?ちょっと…と思わず声に出してしまった私。
そして、玄関前までスーツケースを運んでくれたんですけど、ピンポ~ンって
チャイムを鳴らす始末。

なにもんだ?
私の警戒心はさらに上昇。
その様子を察知した彼は、

「僕は、陽子のだんなさんだよ」

な、な~んだ。

オートロックなので、外側からだと鍵がないと開けられないのでチャイムをならしたんだそうです。いらぬ警戒心を抱いてしまった私。
しかし、一人旅に警戒心は絶対必要不可欠。
ま、いいか~と気を取り直していると、中から若い女性の姿が…
一瞬、陽子さんかと思ったら、こちらのスタッフの方でした。(何人かいらっしゃるようです)

玄関を開けて、さらに大きな扉を開けると、天井の高いリビングが現れます!
c0101361_2213324.jpg



うわ~、ディズニーランドのホーンテッドマンションみたいだ。(誉め言葉)
天井が高いので、すっごく解放感があるんです。
しかも、丁度ハロウィンが近くに控えているということで、内装がハロウィンモード。
c0101361_227092.jpg


くもの巣がはっています!
ひく~く、クラッシックがBGMでかかっているんですよ。
素敵でしょ?

すると、その若いスタッフの方がお茶を出して下さり
「オーナーは、今参りますのでお待ちください」とおっしゃってくださいました。
お茶を飲みながら、陽子さんを待っていると人懐っこいニャンコ(多分ペルシャネコ)
が私の膝の上に乗っかってきてゴロゴロ。
私はワンコを飼っているので、大概ネコには敬遠されるんですけど
この子はワンコと一緒に飼われているので(パピオンでした!)大丈夫みたいなんです。
カワイイ子でしたよ~。

陽子さん、登場です。
マダム的な方を想像していたんですけど、全然そんなことはなく
若い女性(って失礼ですかね?)でした。
凄いな~、この若さで(って、実際の年齢は知らないんですけど)評判のB&Bを
切り盛りしているなんて!と感動する私。

お支払いを済ませて、たわいもない話をして、早速お部屋をご案内くださいました!
今回私が宿泊したのは、スィートです。ひとりで、スィート。実に、勿体無いことです。
広い広いお部屋でございました。

c0101361_21414593.jpg


ドアを開けると、小さなベット(天蓋付)がお目見え。
一瞬、ここで寝るのか心配する私。

c0101361_2142656.jpg


しかし、すぐに横に目をやるとベットを発見!一気に安堵する。
おお~!

c0101361_21403889.jpg



c0101361_21424094.jpg


さすがアメリカ。まくらの数が多すぎる。8個。一体、どうしろというんだろう。
でも、素敵♪c0101361_21422423.jpg


前方にバスルームがあります。


c0101361_21394539.jpg





c0101361_21401770.jpg



さりげなく飾った絵本の数々がなんともかわいらしい!



c0101361_21405668.jpg


この椅子に座ってTVをみていました
c0101361_2141317.jpg


こんな角度で



c0101361_21425974.jpg



c0101361_21431581.jpg




こちらでは、宿泊料の中に、こちらの携帯代が含まれているのです。
通話料は無料(朝7時~夜9時まで1日20分以内。夜9時~朝7時までは無制限。全米中どこにでもおかけになれます。)日本からのお電話も受けていただけますが、国際電話 をかけることはできません。テレフォンカードをお使いください。

というなんとも有難いサービス!!

アメリカの携帯は、日本の携帯と比べると小さいです。
こんな感じ。

画像が多いので、一回UPします!
[PR]
by mirimiritravel | 2006-11-09 22:34 | NYC

2日目&3日目

3日目と4日目は、知人に会っていて写真がないのです。
残念!
この日は、現地を詳しく案内してもらってよかったんですけどね~。
お食事もひとりではなかったので、やっとまともなものが食べれたんです。
そこで、行ったレストランをご紹介。(写真ナシ)

Park Avenue Cafe

こちらは、お洒落です。
そして、ギャルソンがかっこいい!
私は、ブランチメニューを頂きました。
量が多いんですよね。お腹がいっぱいになってしまって。
その後デザートは?とイケメンギャルソンに
聞かれたのですが、「結構です。お腹がいっぱいなので」とお断り。
ギャルソンは「本当に?」と言ってウィンク。私は、これは営業だな!と
へそ曲がりに捉えてしまいました。

後々に分かったんですけど、ここはデザートが有名なんだそうです。
そう、ここでデザートを食べないと勿体無いってことで、
彼はウィンクで教えてくれていたんですね。

残念!勿体無いことをしました!

Peninsula Hotel

こちらのBarも行ってきました。
さすが、ペニンシュラです。素敵な雰囲気でしたよ。
久々にBarに行ったので、シャンパンなど飲みたかったんですけど
残念ながら、旅の疲れがドッと出てしまってお酒が飲める状態ではなく。
ソフトドリングでした。あ~あ、なんて勿体無いんでしょう!
こんな雰囲気にジュースなんて。

というわけで、2日め3日めは知人達のお陰で素敵なニューヨークを過ごせました。
有難う!
[PR]
by mirimiritravel | 2006-11-05 21:14 | NYC

2日目その2

ミッドタウンへ戻り、タイムズスクエアへ行きました。
アパートメントホテルから、徒歩15分程度。


c0101361_15114396.jpgハーシーズのビル。とってもカワイイと思いませんか??



c0101361_1512268.jpg


c0101361_15121856.jpg

ミュージカルの劇場がひしめきあうこの場所は、沢山の観光客で
まるで御徒町のよう。(←表現があまりに乏しいけど)

人の声と、タクシーのクラクションの音で凄いことになっています。
そうそう、NYでは信号はあっても、ないものと思えといった感じ。
歩行者は、赤信号でもバシバシ横断します。ここで、まともに運転ができる人は
いないだろうな~と。

この近くには、トイザラスがあるんですけど、なんとお店の中に観覧車のような
乗り物があって、子供達が喜んで乗っておりました。
私は、窓越しに見学。さすが、エンターテイメントの国アメリカです。
(これも、写真ナシ)

うろちょろしていたら、一気に暗くなってしまって今日はこの辺で戻ることに。
明日は、午後からNYにいる知人と会うことになっています。
一体、どんな場所を案内してくれるのかな?と楽しみ。
[PR]
by mirimiritravel | 2006-11-04 15:22 | NYC